Sunny北加の日記

全員に公開(未登録会員含む)

2016年
05月24日
08:50

体表面積に比例するグリベック服用量と新血中濃度しきい値 - 再ポスト

これは今年2月にポストしたものですが、多少の編集をし再ポストしました。

適切な抗癌薬の投薬量は、体重ではなく、体表面積に応じて比例投与される、特に抗癌薬注射だとこれを行っていると読んでいます。この根拠は毛細血管量が体表面積に比例するからだと読みました。
「抗がん剤のための体表面積計算」などのサイトもあります。
http://gan-toubyou.cocolog-nifty.com/etc/keisann.html

体表面積計算は身長と体重を使い、Du Bois式が一番受け入れられていて、日本では藤井式と新谷式があります。これら計算式は下で見られます。
http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228735

「分子標的治療薬の”良さ”を生かす副作用の管理」【癌治療学会2009】
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/sp/jsco2009...
にも書かれていますが、スーテント、ソラフェニブなどは欧米人にくらべると日本人には欧米の1.5から2倍以上の頻度で副作用が出ています。グリーベックも含めこれらの理由は比較的小柄な人の慣例の抗癌剤服用量も大きな因子の一つだろうと思っています。

グリベックの服用量は欧米の患者の治験で決められ、日本もそれを受け入れたと思いす。もしグリベック服用量400㎎が比較的に大きい欧米人に適量であれば、比較的に小柄な東洋人の適切服用量は何グラムか? に答える参考にとExcelで計算しました。身長150-190㎝、体重35-100㎏範囲の組み合わせを2㎝、5㎏増分で計算しました。(Du Boisと藤井式両者で計算しましたが、この結果には大差は出ませんでした。)この計算の参照欧米人の身長を172㎝ 体重を90㎞(5’8”、198lb.) と選びました。平均ではありません。その参照人の体表面積に比例した適切なグリベック服用量を計算し、250、300,350、400㎎と色分けしました。添付したExcel表をみてください。

この計算は減薬を勧めるものではありません。あくまで参考用です。小柄でグリベック副作用の厳しい人は治療医とよく相談して下さい。

副作用に耐えられなく休薬を繰り返すより、持続的に飲み続けるのが薬効果に重要だと読んでいます。なお、Exon9の変異のGISTは1日800mgのほうが効果が良いと報告されていますから、減薬は勧められないでしょう。

ちなみに「GIST患者のイマチニブの濃度Cminの閾値が760ng/mlでも長期の現実的なPFS(進化なしの延命)に腫瘍抑制効果があった」とのフ ランスの96人GIST患者対象の研究結果の結論に書かれていました。760ng/mlは過去の1100ng/mlの69%です。これはこの2月の新情報 です。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26851399

添付したのは今年もよく咲いてくれている好きな白のハイビスカスです。もう一つは2日咲いてくれているクジャクサボテンです。

いいね!

GIST患者コミュニティ「GISTERS.net」」は、「SNS作成サービス!そーしゃるぱーく(無料)」で作成された、PC(パソコン)・FP(フィーチャーフォン※ガラケー)・SP(スマートフォン)・TB(タブレット)対応のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
広告等のお問い合わせは「各種お問い合わせ」までお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そーしゃるぱーくは、数か月後に大幅リニューアルを行います。その作業過程により何かしらの不具合等が発生する場合がございます。ご了承ください。※不具合を発見された場合はお手数ですが、お問い合わせ(無料版)からご報告いただければ幸いです。